子育てしながらデザイナーやってます。~ママデザイナーの苦悩~

デザイナーのsaoです。

メタ・マニエラでは、現在私含めて現在4人のママデザイナーがいます。

現在はほとんど全員に近い社員がテレワークに切り替わりましたが、それ以前もフレキシブルな対応を考えてもらえる会社のため、

妊娠中の悪阻がひどい時、子どもが体調を崩した時、などなど時に応じて自宅で仕事をさせてもらっていました。

デザイナーとして働くことは特別なことでもなく、他の働くお母さんと何ら変わりはないのですが、

今回はデザイン会社のブログなのでママデザイナーとしての苦悩を綴ってみたいと思います。


子育てグッズに苦悩

子育て中、たくさんのアイテムを同時に使うシーンがあります。

例えば自転車周りでいうと、子乗せ自転車、幼児ヘルメット×2、子どもの長靴×2、自転車レインカバー×2、親のレインコート。(加えて服も加わってくる)

これらを同時に使うと、個々の色がそれぞれに主張して見た目にとてもカラフル。。

それぞれ単体が可愛くとも、色合わせがまずいと台無しになり、朝からブルーな気分で1日を過ごすことに。

色が煩いと落ち着かないのは職業病でしょうか。。

ママデザイナーの苦悩、1つ目は子育てグッズです。

ファッションのコーディネートは基本3色以内にするとまとまり、それ以上の色数はごちゃつくと言いますが、

先ほどの自転車周りの場合もアイテム数が多いため配色に収集がつかなくなるんですね。

デザインを考える場合も同じで、賑やかに見せたい場合は色数は多く、シンプルに見せたい場合は色数は抑えます。

私の場合は基本シンプルが好きで、自転車がくすんだグリーンで既に色が入っているので、レインカバーとレインコートは基本色(黒、白)と自転車本体に馴染む色(カーキ)のみです。

ポイント色は自転車とヘルメット×2に抑えて色の氾濫を防ぎます。(長靴はレインカバーで隠れるのでカウントしない)

親の好みだけで選べたら悩むことはなくなるのですが、気に入らないと使ってくれないことがあるので、勝手に買えない。

そこで、買う時は親が誘導します。


つい最近も娘(小1)のヘルメットが壊れたので買い替えることに。(外側の殻?と発砲スチロールが剥がれました。。)

私の自宅の付近には自転車屋さんはあっても品揃えが少なく、必然的にネットショッピングに頼ります。

ネットショッピングの場合、実店舗と比べてなまじ選択肢が多いので実店舗より時間がかかりますね。もっと好みのがあるのかも、、とつい探してしまう検索地獄です。(私が子どもの頃は田舎で決まったお店しかなかったので買い物は楽だったな~)

商品を1つに絞り込んだら、子どもに色を選ばせる。

ここはもう敢えて1つ。どの色を選んでもいい商品にする。2~3商品あるとラインナップの中に合わない色が出てくるので。

その際、「どれを選んでもいいけど、色がごちゃごちゃしないように選ぼう」と声をかけます。

娘、以前なら私の自転車画像(わざわざ私が用意)と商品画像を見比べながら「これは(色合わせが)変だ。これは合う」とブツブツ独りごちながら決めていましたが、今では頭の中ですぐにイメージできるようになったらしく、「これが一番合うね!これにしよう」とスムーズに決まります。(英才教育の成果)

今回、娘のヘルメットは薄い紫になりました。

柄もかわいいのですが、合わせるのに苦労する場合があるのでシンプルな柄なしを選びました。

今の彼女の自転車は白だけど、これから買い換えで恐らく水色かピンクを買います。

その辺りも含めて親子で納得の買い物でした。(万が一娘の気が変わった瞬間、ヘルメットとの組み合わせは破綻)

今までは私の自転車の後部座席に乗るのがデフォルトだったけど、いつの間にか出かける時は自分の自転車に乗っている娘。

こうして子どもはどんどん成長して行くのですね。

いつかごちゃごちゃ配色に悩まなくなる日が来るんだなと思うと、気が早いけど泣けてきます。。


子ども収納に苦悩

私の自宅は築30年ほどの昭和感満載の賃貸マンションです。

前マンションの退去日が迫っていたので仮のつもりで借りたら、十数年も住むことに。

主人が超がつく堅実派なので、お金のかかる引越しをしようとしないのですね。笑

(気分だけで生きてる私とはえらい違いだ、、)

住んでいるのは味のあるレトロ感漂うマンションってわけでもなく、ごく普通のマンションでおしゃれではないです。(大家さんごめんなさい)

たまに思いついて床やキッチンの扉を賃貸の許容範囲内で張り替えたりと、気分転換にやっているのですが、

徹底的にやってないので中途半端で、自分的には消化不良な感じ。

誰か私に子どもも夫もいない休みをくれたら、家中壁も床も全て張り替えるのに、、!

誰も一人にさせてくれない!(私を置いてどうかGoToへ)

前置き長くなりましたが、そんな中でもこだわっていることが一つ。

それは、デザインです。

自宅をデザイン?デザイナーズマンション?設えをデザイン?と思われるかもしれませんが、生活しやすい環境づくりをすることもデザインの一つと考えます。

ママデザイナーの苦悩、2つ目は子ども収納です。

私は動線を意識した物のレイアウトにはこだわりがあって、特に最近は子ども用品の収納に力を注いでいます。

今年は娘が小学校に入ったので、ランドセルや教科書を始めとする雑多な品々をどう使いやすく収めるかをちょうど1年前に考えていました。

ここ数年で苦労して断捨離したのに家具を増やしたくない。(そんなお金もない)

いずれは自宅を購入予定なので、ジャストな棚を作ったりしても無駄になる。(作るのも面倒だ)

狭いから置き場所もない。(来客の時は移動できたら便利かも)

などなど考えて、追々他のものに活用できる汎用性の高い移動棚があったらいいのでは?と考えました。

皆さんキッチンワゴンてお持ちですか?

結局それを買いました。(保育園に通う息子用にも)

ぼんやりと以前IKEAに行った時におしゃれなキッチンワゴンを見たなと思い出したんですよね。

ネットで検索すると出てくる出てくる。キッチンワゴンなのにランドセルを置いて使っている人がいるんですね。

しかも驚くべきことに、ランドセルの大きさにシンデレラフィットなんですよ。

赤ちゃんのオムツを収納するにも便利だし、もっと早く買えばよかった。

私は棚の移動が簡単なメーカーさんのものを選びました。(類似品は色々なメーカーさんから出ています)


子どもたちは帰ってきたらまずリビングにあるワゴンに直行して、ランドセルやリュックを最上段に置きます。

置くという単純な動作がいいようです。これは保育園のお支度ロッカーを真似しました。

娘の教科書は2段目に立てて収納、3段目は取っ払い、2段目のすぐ下にハンカチなど細々したものを入れるポリプロピレン製の軽い引き出しを結束バンドで取り付けました。

ただ、上着用にハンガーを用意して脇に掛けられるようにしているのですが、どうしても上着が床に投げられているんですよ。

「掛ける」という動作は子どもにとっては高度で難しいようです。

これは子どもにも出来るようデザインされていないということなので、悩み中です。(仕事人として敗北感)



寝ている時以外はほぼずっと怒りっぱなしだし、料理は手抜きだし、手は荒れ放題の何のお手本にもならないような母親の私ですが、デザイン会社で敢えて所帯じみたネタもあってもいいのかなと思い、赤裸々に綴ってみました。

子育てって格好つけたくても格好つけられないことが多すぎますよね。正直なところ器の小さな私には身に余る大仕事と感じています。

しかし、多くは望まずに子ども達を抱きしめる余裕だけは失わずにいられたら、また明日を普通に迎えられたら、と気楽に構えて過ごすようにしています。

これを読んでくださっている皆さんには、デザイナーなのにこんなに所帯じみた人いるんだな~と安心していただけたら幸いです。

また子育てネタを思いついたら書きますね。

それでは。


manimani Media

変わるデザイン。変わらないデザイン グラフィック/エディトリアル/企画・編集/Web/動画...各種メディアにトータルクリエイティブを展開するデザイン会社の日常。

0コメント

  • 1000 / 1000